Juice=Juiceから稲場愛香が卒業「私のアイドル人生は本当に幸せでした」 | GirlsNews

Juice=Juiceから稲場愛香が卒業「私のアイドル人生は本当に幸せでした」

アイドルユニット/グループ ニュース ハロプロ
稲場愛香
稲場愛香

アイドルグループ「Juice=Juice」が30日、春ツアーの千秋楽公演を日本武道館にて開催。この公演をもって、サブリーダーの稲場愛香さんが同グループから卒業した。

4歳の頃からダンスを始め、アイドルに憧れた稲場さんは、2013年にハロー!プロジェクト研究生としてオーディションに合格し、「カントリー・ガールズ」としてメジャーデビューを果たすも、2016年には喉の治療のために卒業。翌年、地元の北海道を拠点に活動を再開し、2018年に「Juice=Juice」に加入した。歌やダンスを活かしつつ、新しい挑戦に挑むため卒業を決意し、アイドルとしての活動に終止符を打った。

ライブは会場の9000人のほか、全国の映画館のライブビューイングとフジテレビTOWの生中継で全国のファンが見守る中でスタート。挨拶のMCで稲場さんが「9人の集大成を見てもらいたい!」と意気込むと、客席からは大きな拍手が湧いて、期待の高さを伺わせた。

これまでツアーで披露してきた楽曲に加え、4月20日に発売されたアルバム『terzo(テルツォ)』からも3曲が加わるなど気合を感じさせる前半に続き、中盤では稲場さんを中心とした“卒業スペシャルメドレー”を披露。稲場さんの思い出深いナンバーをユニットに分かれて歌った。初期メンバーの植村あかりさん、2期の段原瑠々さん、3期の稲場さんの3人による『続いていくSTORY』では、最後に後輩メンバーが囲むように登場し、愛おしそうな眼差しで想いを受け継いだ。

アンコールに卒業衣装で登場した稲場さんは、ハロー!プロジェクト モベキマスの曲から『もしも・・・』をソロで歌唱した。この曲は稲場さん自身の思い入れが強い曲であり、ファンのみんなが望んでいるであろう“あざとカワイイ”自分を見てほしいという想いから選んだという。

また、卒業衣装は、会場を埋め尽くすペンライトと同じメンバーカラーのホットピンクを基本に、大人っぽくなりすぎない可愛らしいリボンをあしらい、さらにカントリーガール時代のメンバーカラーの赤も取り入れた、ハロー!プロジェクトでのラスト衣装にふさわしいものに仕上げた。

メンバーへの想いを込めた手紙を読み上げるシーンでは、それぞれがこみ上げる涙をこらえながら見守る中、いつもと変わらぬ笑顔で優しく見つめる段原さんが印象的だった。

最後の締めくくりに選んだのは『如雨露(じょうろ)』。心に寄り添ってくれる歌詞と、最後はみんなと一緒に笑顔で終わりたいという想いから選曲した。

ダブルアンコールで、ひとりステージに登場した稲場さんは、感無量の表情で客席に手を振った。去り際に客席に向かってピースした稲場さんが振り向くと、袖に集まっていたメンバーが笑顔で迎い入れ、新しい門出を祝福した。

稲場さんのソロ歌唱楽曲『もしも・・・』は、各配信サイトにて31日より配信開始。また、春ツアーのアンコール公演が7月9日より開催されることも決定した。

『Juice=Juice CONCERT TOUR ~terzo ~ FINAL 稲場愛香卒業スペシャル』

<セットリスト>

~オープニング~
1. Va-Va-Voom
2. プラトニック・プラネット
3. POPPIN’ LOVE
~MC~
4. 「ひとりで生きられそう」ってそれってねえ、褒めているの?
5. STAGE ~アガッてみな〜
6. ノクチルカ
7. Future Smile
8. IG.O.A.T.
9. 禁断少女
10. ロマンスの途中
~MC~
11. DANCE NUMBER
12. ポップミュージック
13. 初めてを経験中 / 稲場・有澤・入江 江端
14. 好きって言ってよ /稲場・工藤・松永
15. 微炭酸 / 稲場・井上
16. 続いていく STORY / 植村 稲場・段原
~MC~
17. 雨の中の口笛 / 工藤・松永・有澤・入江・江端
18. Mon Amour / 植村 稲場・段原・井上
19. Fiesta! Fiesta!
20. GIRLS BE AMBITIOUS! 2022
21. 私が言う前に抱きしめなきゃね
22. Goal~明日はあっちだよ~
23. Magic of Love (J=J 2015Ver.)
~MC~
24. Familia
~アンコール~
25. もしも・・・(ハロー!プロジェクト モベキマス曲) / 稲場
26.シンクロ。
~MC~
27. 如雨露

 

    関連商品