【青山ひかるインタビュー】sherbetラストツアーなど濃密な1年を振り返る「みんなで最後までツアーファイナルをやり遂げたことは 一生の思い出に」 | GirlsNews

【青山ひかるインタビュー】sherbetラストツアーなど濃密な1年を振り返る「みんなで最後までツアーファイナルをやり遂げたことは 一生の思い出に」

ニュース
青山ひかる
青山ひかる

今年もグラビアで活躍する一方、所属するアイドルユニット「sherbet」がライブ活動を休止するという思い出深い1年になった青山ひかるさん。そんな彼女が「濃い1年だった」という今年を振り返りつつ、来年への意気込みを語ったオフィシャルインタビューが到着した。

--2021年振り返ってみて、どうでしたか?

「今年前半はsherbetのツアーライブがあって、ほぼライブ活動をしていた思い出が強いんですが、10月からゼロイチファミリア初の地上波冠番組『ゼロイチファミリアの褒められたい』が始まり正直、後半少ないんですけれどもかなり濃い1年になりました! ツアーでは、思い通りにスケジュールが進まず応援していただいている方にも、スタッフさんにもかなりご迷惑をおかけし悔しい思いもたくさんしましたが、結果的には素敵な思い出のひとつとして最高の景色を見せていただけて感謝しかなかったです。長崎でライブもできたし、ついでに実家にも帰れたし(笑)。みんなで最後までツアーファイナルをやり遂げたことは、一生の思い出になりました。ライブ活動はなくなりましたが、今後YouTubeやクラブイベントなどsherbetとして頑張っていくので是非これからも応援よろしくお願いいたします!

そして、ゼロイチファミリアとしては番組を盛り上げると同時に、ゼロイチゲーム部の副部長としてeスポーツを盛り上げたり、ゲームに関するお仕事をたくさんしていきました。たった3ヶ月しかないですけれども、かなり濃い活動をしていきましたね。ゼロイチゲーム部初主催のAPEX大会、ゼロイチCUPが開催できてゲーム部としても嬉しかったしイチ、ユーザーとして大会に出場できて本当に楽しかったですし、有難かったです。今後も、いろんなゲームをしていきつつ自分のサブカル特化という目標を、もっともっと大きくしていきたいと思うそんな1年になりました」

--自身の2021年「今年の漢字」は?理由も教えてください。

「『思』。思い。っていうことですかね。いろんな思いがあった年です、今年は。コロナ禍の中で、ツアーをやったんですが中止にした時の『思い』、やり遂げた『思い』。仕事に対する『思い』や、会いに来てくれるファンの方々との『思い』。今年も、改めて気付かされることもありましたし、みんなそれぞれの物事に対する『思い』に触れる機会も多くて私も頑張ろう!とか、もっとこうしよう!とか奮い立たせるモノがたくさんありました。みんなに出会えて良かったと。そう思えた年です」

--今年のカレンダーの衣装について教えてください。
「今年は、一度ゼロイチジャックでも使われたサイバーキャットをイメージされた衣装でわざわざスタイリストさんが一から作っていただいた衣装。一度きりの着用だと勿体ないな。と思いマネージャーさんに直談判して、カレンダー衣装としても使わせていただきました! スク水っぽい水着に、少し近未来感を出して(笑)。ゲームの主張を出したいために、自分の今使っているヘッドホンを持ってきました。コントローラーは、持ってきてと頼まれたので(笑)。ゼロイチゲーム部としても、アピールできていればと思います」

--2022年の抱負を教えてください。
「仕事では、今年もいろんなことをやりつつゼロイチゲーム部をもっと盛り上げていきたいと思います!!
ゼロイチCUPがVol.0だけでなく、1.2.3…と続けていけるように部員全員でゲームを盛り上げていきたいです! APEXだけじゃなくて、いろんなゲームに携わりたいですね。そして、新しいことが出来るように今後も頑張っていきたいです! プライベートでは、きちんと配信部屋をもっと広くして(笑)。もっと見てくれる人を増やしたいと思います。仕事にもかかってしまいますが、家の引っ越しをして、猫が飼えるところへ!! 猫を飼いたいです!! もふもふしたいです!!(笑)
とにかく、これからも全力でお仕事を頑張っていきます。若い子には負けないように!なので、応援よろしくお願いいたします!」

青山ひかるの動画を観る

関連商品