花咲れあ、年季の入った和室での撮影は「珍しい撮影でいい思い出になりました」 | GirlsNews

花咲れあ、年季の入った和室での撮影は「珍しい撮影でいい思い出になりました」

ニュース
花咲れあ
花咲れあ

「グラビア界の問題児」のキャッチフレーズで注目の花咲れあさんが、2日発売の「グラビアザテレビジョン」(KADOKAWA)に登場。そのアザーカットも公開された。

年季の入った和室で撮影されたという今回のグラビア。「何だか珍しい撮影でいい思い出になりました!! 可愛い水着と可愛いお洋服2パターン撮影したのですが、展開がとてもいい感じに撮ってくださって嬉しかったです! 普段の雑誌とは違う感じで撮りたいとカメラマンさんが言っていたので新たに挑戦したことも思い出になりました。楽しかったです!」と満足そうに撮影を振り返った。

4月には初の写真集を発売。その反響について、「いろんな表情を撮影したので、その各表情について良かったとの声が多いです。あまりクールな表情は普段の撮影ですることが少ないのですが、そこもセクシーな感じやアンニュイな感じの撮影に挑戦したので、それも新たな一面が見れてよかったとの声も多かったです!」と語る。

また「いろんなシーンで撮影したので学校の教室で制服からの展開や、保健室でのいろんなポーズなど妄想しやすいカットや、海でイルカ(シャチ)の浮き輪を投げてるシーン、本気で笑ってるカット、ご飯を食べてる自然な感じの私など、普段の撮影では見られない私をまとめた写真集になったので、それも良かったと言っていただけてます!見てくださった方には感謝しかありません」とコメントした。

今後の目標については「毎回答えることは、新しいことに挑戦すること、仕事のキャパを広げること、です! 今年は『房総ご当地キャラバン』のレギュラーMCとして出演させていただくことができています。このように今後も新しいこと、まだやっていない仕事に挑戦してみたいです! 本当に切実に、演技のお仕事は経験がないのでやってみたいですね…(笑)。そして引き続き今までいただいたお仕事もグラビアも含め、頑張って行きたいです!」と目を輝かせた。

(c)石垣星児/KADOKAWA

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。