奈月セナ「今までにない大人のエロティシズムにチャレンジした作品」最新写真集イベントに登場 | GirlsNews

奈月セナ「今までにない大人のエロティシズムにチャレンジした作品」最新写真集イベントに登場

ニュース 写真集
奈月セナ最新写真集『たまゆら』
奈月セナ最新写真集『たまゆら』

グラビアタレントで女優の奈月セナさんが3日、最新写真集『たまゆら』(講談社)サイン本読者お渡し会を東京・書泉グランデで開催。奈月さんは「デビューしてから3年、私も20代中盤になり、今までにない大人のエロティシズムにチャレンジした作品です。グラビアに加え、女優としての表現を、皆さまに感じていただけると嬉しいです」とメッセージを送った。

読者イベント前の囲み取材に、「女豹(めひょう)です!(笑)」と、長身・Gカップ・美脚が映える、赤系統の豹柄ドレス姿で登場した奈月さん。今作ではひとときの「旅情」をテーマにしたといい、「男女の秘密旅行というか、逃避行というか、直接的に表現すれば不倫旅行みたいなイメージで撮影しました」と語った。

3冊目となる写真集リリースについて、「いままではスタイリッシュな写真集が多く、身長もあるし、格好いい系のグラビア写真が多かったんです。 今回は和テイストで、 いままでにないアンニュイな写真なども詰め込みましたので、私を知らない人にもぜひ見て欲しいです!」と、ポイントをアピール。

タイトルの『たまゆら』については、 「〈一瞬〉などの意味があって、写真集の中にも一瞬を切り取ったような印象的な場面がたくさん入っています」という。

奈月さん自身写真集作成に当たっては積極的にアイデアを出し、それが反映されたカットも収録されたという。「企画段階から私もいろいろ提案させていただきました。『和』テイストで写真を撮りたいという気持ちがあったので、国内ロケにしてもらったんです。お気に入りのページは、(裸身に)旅館のシーツ1枚だけで撮影したカット。 あとは、お酒を飲んで酔っ払ってるようなシーンを私がしてみたくて、 提案させていただきました。25歳になったので、大人のエロティシズムに挑戦してみたい、という気持ちがあって、そんなイメージで作品を作らせていただきました」と、かつてなく挑戦的なものになったという。

その気持ちは “過去最高露出” との呼び声も高いこの写真集に反映されており「割とランジェリーが今回は多くなったかと思いますね」と特長を語る奈月さん。ランジェリー撮影に抵抗はなかったのかとの質問にも、「抵抗はとくになかったです。 むしろ新しい表現がしたかったので、挑戦したいという気持ちでした。浴衣や、肌の透け感も初めての挑戦で、楽しんで撮影できました」と むしろテンションが上がったそうだ。

写真集に点数をつけるなら、 「新しい奈月セナとして、 100点! いままでしたことのない表現がたくさんできたので、100点かなと思っています」と自信をみせた奈月さんだった。

(C)LUCKMAN/講談社

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。