織田奈那、ヒロインを務める『流星王子2021』で舞台挨拶「特撮モノを演じてみたかったのでとても楽しかった」 | GirlsNews

織田奈那、ヒロインを務める『流星王子2021』で舞台挨拶「特撮モノを演じてみたかったのでとても楽しかった」

ニュース 女優 映画・ドラマ

1958年から59年にかけて日本テレビ系列で放映された特撮・テレビ映画「遊星王子」のリブート映画『遊星王子2021』が27日から公開され、28日には主演・日向野祥、ヒロイン・織田奈那、河崎実監督、司会・有村昆による舞台挨拶が、ヒューマントラストシネマ渋谷にて行われた。

感染拡大予防対策のため、登壇者はマウスシールド着用のままの挨拶となり、観客による映画を観た感想や声援は盛大な拍手や手を振るアクションなどで登壇者へ届けられた。

緊急事態宣言下のイベントとなったことで登壇者はまず皆、観客へ映画公開と来場の感謝を伝えた。司会・有村さんが観客へ「映画は面白かったですか?」と問いかけると、盛大な拍手が返ってくる上映後ならではの盛り上がった雰囲気で舞台挨拶は始まった。

河崎監督は「コロナとは全く関係のない世界の作品に驚かれるかもしれませんが、元気で楽しい世界にしたく、みんなが勇気をもらえるような作品にしました」と力強く挨拶。本作品が生まれたきっかけとして「自分が生まれた年である昭和33年に初放送された作品をリブートすることに意味があるんじゃないかと思っている。実現してうれしい」と語った。

シンゴジラ、シンウルトラマンと特撮のリブートが続いている中の本リブート作品について河崎監督は「今年がウルトラマン放送55周年ということもあり、団時朗(旧芸名:団次郎)さんと、きくち英一さんに出演いただいた。僕なりの特撮愛です」と豪華サブキャストのキャスティング経緯を話した。

本作品のオファーについて、遊星王子とトップアイドル舟木の二役を演じた主演の日向野さんは「昔の作品は知らなかったが沢山勉強をして、監督とも相談し、僕なりの遊星王子を演じられて楽しかった。すごくいい意味での令和版になったと思う」とまっすぐに答えた。

大村君子とクローディア姫の二役を演じた織田さんは「タイトルが面白そうだと興味を持ちました。一度、特撮モノを演じてみたかったのでとても楽しかったです」と笑顔を見せた。「二人はばっちり!」と監督も太鼓判。客席からも拍手が起こる。

有村さんが美しいロングワンピース姿の織田さんに、「今日の舞台挨拶衣装についてイメージしたものはありますか?」と尋ねると、織田さんは「クローディア姫役をイメージしました」と答えたが、有村さん自身も遊星王子っぽくブルーの色味のスーツをチョイスしたと報告する場面も見られた。

撮影での苦労について、日向野さんが「遊星王子を演じるにあたって作り上げるのに一番苦労したのは特徴的な笑い声だった」としみじみ。その笑い声を有村さんからお願いされ、披露する一幕もあった。笑い声を聞いた監督は、「実は黄金バッドの笑い声を参考にした」など楽しそうに制作秘話にも話が及んだ。

織田さんは二役を演じるにあたって「どちらも対局なキャラクターなので演じ分けはやりやすかったです。君子役は素の自分の状態に近いけれど、姫役は話し方や動作をエレガントに気高い感じで頑張りました」と語った。

日向野さんは見どころについて「君子の弟とキャッチボールのシーン。基本的にコミカルな作品ですが、ここはセリフも人情味あふれるシーン」と監督の演出力を感じる温かみのあるシーンについて語り、監督は「言葉も人種も違う人たちが仲良くなっていくって話が好き」と語った。

遊星王子のパワーの源がアンパンということにちなみ、各登壇者へパワーの源が何かという質問に及ぶと日向野さんが「日頃応援してくださるファンの皆さんです」と答え、織田さんは「もちろんファンの皆さんが一番のパワーの源。そして音楽を聴くことです。食べることも大好き」と答えた。監督は「糖質ゼロのビールです」と笑い、三者三様の答えに個性が見えた。

全国順公開される本作品について監督は「いま生きていく中でいろんな思いを込めた映画です。よろしくお願します」と締め、織田さんは「感じたことや思ったことをぜひ発信して下さい」とアピール。最後に日向野さんが「見終わった後の、明るくなってわくわくした感情をぜひ周りの方へ広めてください。」と、笑顔とともに作品が広まってほしいと応援を呼びかけ、舞台挨拶は盛大な拍手のなか終了した。

<あらすじ>
1基の宇宙船が地球に墜落してから200年後の日本。長い眠りから覚めたMP5星雲第四遊星の王子は、パン屋の娘・君子の前に突如現れ、絶体絶命のピンチから彼女を救った。
パン屋に居候することになった遊星王子は、地球人と触れ合い、時にはトップアイドルと入れ替わったり、しつこく現れる宇宙からの侵略者・タルタン人から街を守ったり、地球生活を満喫していた―――ようにみえるが、墜落の衝撃で記憶の大部分を失くし、第四遊星へ戻るすべが分からずにいた。
地球を守るヒーローとして一躍国民の人気者になった王子だったが、タルタン人によって王子の正体は「宇宙の破壊者」だと、日本中に暴露されることに…。
果たして、遊星王子は正義の味方なのか?否、王子こそが侵略者なのか?地球の運命やいかに!?

「遊星王子2021」は、ヒューマントラストシネマ渋谷・池袋シネマ・ロサにて上映中
■映画公式サイト https://yousayouji2021.pal-ep.com/
■Twitterアカウント https://twitter.com/yousayouji2021
©2021「遊星王子2021」製作委員会

    関連商品