木下彩音、可憐な制服姿と25歳の大人っぽい姿…2世代を演じ分け 映画『Bittersand』の最新画像と予告編が公開 | GirlsNews

木下彩音、可憐な制服姿と25歳の大人っぽい姿…2世代を演じ分け 映画『Bittersand』の最新画像と予告編が公開

ニュース 女優 映画・ドラマ
木下彩音
木下彩音

女優の木下彩音さんが、井上祐貴さん、萩原利久さんとともに出演する映画『Bittersand』が今月25日より全国順次公開となる。今回予告編及び、劇中で<制服姿の高校生>と<25歳>、二つの年齢を演じ分けた3人のメインキャストの画像も解禁となった。

高校生活は、青春の輝かしき一頁。しかし全員が、美しい記憶ばかりを持っているわけではない。何者かが黒板に描いたクラスの男女の爛れた相関図によって、誹謗中傷の的となり日常が暗転した、暁人(井上祐貴)と絵莉子(木下彩音)。それから二人の時計は、止まったままだった。7年後、運命的な再会をきっかけに、二人の想いを行き違わせた“相関図”事件の真実がついに明らかにされる……。

今回解禁となった予告編冒頭では、25 歳になった今もさえない日々を送っているサラリーマン・暁人が、ある日、高校時代に想いを寄せていた絵莉子と思いがけなく再会を果たす様子が映し出される。しかし彼女にとっては、暁人の秘めた想いとは異なり、彼を含めたその頃の思い出はすべて、忌まわしい<3年1組“相関図”事件>によって、拒絶すべき“消したい過去”となっていた。一方で、あの頃から自分が一歩も前に進めていないことに気付いた暁人は、当時の事件を“無理やり忘れたふり”をするのではなく、“ちゃんと終わらせたい”と、悪友・井葉(萩原利久)の力を借り、自分のため、そして絵莉子のために、「記憶を塗り替える」企てを進める……。7年の時を経て、同窓会で暴かれる真実とは? それぞれの思いを抱える暁人と絵莉子は “消したい記憶”を塗り替えることができるのか?手に汗握る展開を予感させる内容となっている。

予告編と併せて、3人のメインキャストの<制服姿の高校生>と<25 歳>それぞれの年齢を演じ分けた画像とコメントも公開。7年間高校時代の友人と会っておらず“消したい過去”を持つ絵莉子について木下さんは、「高校生と25 歳とでは物事の考え方など大きく変わる時だと思います。まだ私は撮影時19 歳でどちらの歳にも近かったので、演じやすかった感じがします」と自身の年齢と大きく異ならない2つの年齢に困惑することはなかったという。

その上で「高校生は自由に自分ペースで生きているように演じ、一方25 歳はそのギャップを見せるために大人な女性の落ち着いた感じをイメージして演じました」と到着した大人の雰囲気を創出したという。

映画『Bittersand』は6月25日(金)、シネ・リーブル池袋、UPLINK 吉祥寺ほか、全国順次公開。

★オフィシャルYouTube

(C)Bittersand 制作委員会

    関連商品